こんなはずじゃなかった・・・・・・DMMmobileで出来ない3つのこと

格安SIMの料金が安いのは、必要な機能だけを提供しているからです。

そのため、ドコモやauでは当たり前の機能が格安SIMには無いこともあります。

「この機能がないなんて・・・・・・」とならないために、陥りがちな要注意ポイントを紹介します。

スポンサーリンク

こんなはずじゃなかった・・・・・・DMMmobileで出来ない3つのこと

キャリアのメールアドレスは使えない

~@docomo.ne.jpや、~@ezweb.ne.jpといったメールアドレスは、キャリアで所有しているものです。MNP、もしくは解約すると、これまで利用していたキャリアのメールアドレスは使えなくなります。

一般的には、格安SIMは自社のメールアドレスを持っておらず、DMMmobileを契約してもメールアドレスは貰えません。

そのため、メールアドレスはGmailやoutlookなどのフリーメールを自分で取得しなければなりません。

黒猫さん
キャリアのメールアドレスが使えないと不都合があるんですか?
白猫さん
メールアドレス変更のお知らせが手間なのと・・・相手のメール設定次第ではメールが届かなくなることね。

 

キャリアのメール設定では、迷惑メール対策としてウェブメールを受け取らないよう設定されている場合があります。

GmailやOutlookはWebメールの1種なので、こうなるとウェブメールは届きません。

連絡先を残しておきたい相手には、解約する前にSMSやLINEなどメール以外の連絡先を伝えるか、相手側のメールの受け取り設定を変えてもらわねばなりません。

キャリアメールとウェブメールの違い、わかってる?

どうしても今使っているアドレスを使いたいなら、今の携帯を解約せず安いプランに変更するなどして、メール専用スマホを用意するなど工夫が必要です。

黒猫さん
最近の連絡はLINEでのやり取りが多いからあんまり影響はないかもですね。
白猫さん
昔ほどメールアドレスを変えるのに抵抗はなくなってるかもしれないわね。

LINE認証が出来ない

格安SIMはLINE認証で年齢確認画面をパス出来ないため、ID検索が出来ません。

これはLINE認証がキャリアとのやり取りで年齢認証をしているため、どの格安SIMでも起こる問題です。

黒猫さん
格安SIMではLINEは使えないんですか!?

 

LINEのトーク機能などは利用できます。使えなくなるのはID検索だけなので、メールやSNS、QRコードで友達を招待しましょう。

黒猫さん
なーんだ、実質困らないじゃないですか。
白猫さん
どうしてもID検索したいという人でない限りは問題にならないと思うわ。

キャリア決済が出来ない

クレジットが使えない人や、プリペイドカードを買うのがめんどうなときに便利なキャリア決済ですが、格安SIMでは使えません。

LINEの年齢認証と同様に、決済でキャリアを通しているためです。

キャリア決済以外の決済ができないサービスというのは極々少ないですが、キャリア決済を頻繁に利用している場合は注意が必要です。

白猫さん
普通は支払いにクレジットを使うから、困ることは少ないと思うわ。
黒猫さん
そもそもDMMmobileの支払いはクレジットだから、カードで払えばいいですしね。

通話料金が高くなることもある

一般的な通話時間のユーザーなら問題ありませんが、長電話をする人はDMMmobileにするとキャリアより通話料金が高くなる可能性があります。

DMMmobileの通話料金は従量課金制で、対策をしないと20円/30秒。1時間電話すると2400円です。

通話アプリのDMMトークを使うとノーリスクで通話料金が半額の1200円になります。

参照:DMMmobile

ご利用料金について


初期費用/月額基本料:0円
国内通話:10円/30秒(税別) ※1
国際通話:10円/30秒(非課税) ※2※3

参照:DMMトーク

一方、キャリアの通話料金は基本プランで決まる定額制です。

ドコモでは、基本プランが月額2700円でかけ放題のカケホーダイプランと、月額1700円で5分の通話がかけ放題のカケホーダイライトプランがあります。

両社を比較すると、一定時間通話するならドコモのほうが安くなります。

逆に、カケホーダイでの通話が135分未満、カケホーダイライトの通話が85分未満の場合は、DMMmobile(DMMトーク利用)のほうが安いです。

ちなみに、DMMmobileには月額850円で加入できる、10分かけ放題というオプションがあります。

通話時間が短いなら、キャリアよりも通話料金を安く出来る有用なオプションです。頻繁に電話をかけるなら検討してみましょう。

10分かけ放題が便利すぎる!

黒猫さん
長電話する人には高くつくんでしょうけど、130分以上電話する人って多くないんじゃないですかね。
白猫さん
あまりいないと思うわ。通話料金だけで比較したけど、DMMmobileはデータ通信も安いから、長電話してもDMMmobileのほうが安くなる場合があるわよ。

 

いずれにせよ、通話時間がどれくらいか把握するのが大事です。これまでより通話料金が高くならないよう気をつけましょう。

スマホによってはテザリングが使えない

テザリングとは、PCやタブレットにスマホを繋いで通信をする機能です。

スマホを持ち運びできるWi-Fiルーターのように使うことが出来るため、出先では重宝する機能です。

しかし古いスマホを使っている場合、テザリングが出来ないことがあります。

理由はスマホ本体によるものと、OSによるものの2つです。

1つ目のスマホ本体については、ドコモなどのキャリアで買ったスマホでは、テザリングすると接続先(API)が自動で変更されるケースがあるためです。

この接続先はキャリアでしか使えないため、DMMmobileへ乗り換えているとテザリングは使えなくなります。

2つ目のOSについては、そもそもOS側でテザリングに対応していないケースがあるためです。

特に1つ目はケースバイケースなので、テザリング出来るかどうかは調べないとなかなかわかりません。

テザリングの条件とは?

幸いDMMmobileなどのドコモ系SIMはテザリングできるスマホ1)動作確認端末一覧が多いですが、出来ないケースが存在することは覚えておきましょう。

おサイフケータイが使えない場合がある

DMMmobileで取り扱うスマホ(SIMフリースマホ)は、おサイフケータイに対応していない機種が多いです。

キャリアのスマホを流用するなら大凡問題ないですが、スマホを新調する場合は、おサイフケータイが使えるか注意しましょう。

おサイフケータイが使える条件は、これらを満たしていることです。

  • スマホがFelicaに対応していること
  • 決済アプリがスマホで利用できること

Felicaとは非接触のICカード技術のことです。suicaをカードリーダーにかざすと「ピッ」となりますが、セキュリティなども含めた総合的な機能を指します。

SIMフリースマホにはFelicaに対応している端末が少ないため、Felicaのマークがついているか確認しましょう。

出展:Felicaネットワーク

白猫さん
SIMカードではなく、スマホ本体のチェックが必要ね。

 

「iD」や「モバイルsuica」といった決済アプリはキャリアのスマホにしか対応していないものがあります。

かつての「iD」はSIMフリースマホでは動きませんでした。自分が使いたいアプリが、新しいスマホで使えるか事前に確認しておきましょう。

データSIMでは緊急連絡が出来ない

DMMmobileはドコモの回線を利用しているため、通話SIMなら緊急通報も可能です。しかし、データSIMは電話回線を使わない110・119へ電話ができません。

2台持ちなどでデータSIMを扱う場合には注意しましょう。

白猫さん
キャリアではデータSIMを使う機会があまりないから、緊急通話もできるのが当たり前。だから格安SIMでも使えると思いがちよ。

 

イザと言うときの為に、緊急連絡用のアプリをインストールしておくのをオススメします。ただし、緊急通報ナビでは直接119へ連絡できないので、110経由で連絡しなければなりません。過信は禁物です。

緊急通報ナビ

繰り返しになりますが、緊急連絡できないのはデータSIMだけで、通話SIMは緊急連絡にも使えます。

Jアラートが使えないスマホがある

JアラートにはETWS(緊急地震速報システム)が使われていますが、格安スマホにはETWSに非対応の機種があり、Jアラートを受け取れないことがあります。

これはSIMカードではなく、スマホ本体の問題です。どの機種がETWSに対応しているかはメーカーでも把握できていない場合があり、判断が難しいです。

キャリアのスマホはもれなくETWSに対応しているため、キャリアのスマホを流用すればJアラートは確実に使えますが、新しくSIMフリースマホを購入する場合には注意しましょう。

対策として、アプリのYahoo!防災速報をインストールしておくのがオススメです。

Yahoo!防災速報

Yahoo!防災速報
開発元:Yahoo Japan Corp.
無料
posted withアプリーチ

災害情報や、テロ、ミサイルなどの緊急連絡も受け取ることが出来るので、これ一つ持っておけば安心です。

黒猫さん
最近はミサイルとかで物騒ですからね・・・・・・アプリは入れておいたほうが良さそう。

 

(2018年1月30日)格安スマホがJアラートを受け取りづらい状況を踏まえ、Androidを最新化すればJアラートが受け取れるようになると、総務省より発表がありました。

しかし、対応OSはAndroid8.1以降と現状で使えるスマホは少ないため、使えない場合はYahoo!防災情報をインストールしておきましょう。

おわりに

  • キャリアメールは使えない、フリーメールを取得しよう
  • LINE認証が出来ない、招待はSMSやメールでしよう
  • キャリア決済はできない
  • 通話時間がカケホ135分、カケホライト85分以下ならDMMmobileが安い
  • テザリングが出来るかはスマホとOSの相性次第
  • おサイフケータイが使えないスマホが多い
  • データSIMは緊急連絡は使えない、通話SIMなら問題なし
  • Jアラートが使えない場合はYahoo!防災速報で補おう

弱点はありますが、半分ほどは対策が可能です。

白猫さん
何でもかんでもできるわけじゃないことには目を瞑ってね。その分料金はやすいから。
黒猫さん
これまでよく使ってた機能が使えるかはチェックしておきたいですね。

猫でもわかるDMMmobileのHOMEへ戻る

スポンサーリンク
スポンサーリンク

References   [ + ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です