DMMmobileを実際に新規契約した手順をまとめました

初めての作業はなにかと不安なもの・・・・・・格安SIMでもそれは同じです。

DMMmobileは実店舗がないため、契約も店員任せにはできません。手続きは自分で行ないます。

実際に加入した手順があれば便利だろうということで、新規申し込みする手順をまとめました。

スポンサーリンク

DMMmobileの新規契約を解説!実際に申し込んでみました

音声通話SIM、スマホセットを買う前に用意しておくもの

契約をスムーズに進めるため必要となる書類や準備がこちらです。

発行に時間がかかるものは優先度を高くしています。番号が若い順番から用意しておくのがおすすめです。

  1. クレジットカード
  2. 身分証明書
  3. MNP番号

まず作らなければならないのはクレジットカードです。

一部の例外を除き、格安SIMの支払いはほぼクレジットカードです。銀行振込やデビットカードも使えないところが大多数です。

DMMmobileでクレジットカード・口座振込・デビットカードは使える?

クレジットカードは申請期間を擁するため作成に時間がかかります。真っ先に済ませておくことをおすすめします。

 

次に必要なのは身分証明書です。

身分証明書は音声通話SIMの購入で必要になります。運転免許証があれば特に準備の必要がないため便利です。

ただし、運転免許証と現住所が異なる場合は、住民票などの補足書類が必要になることに注意しておきましょう。

他にも本人確認として認められる書類があるため、別記事を御覧ください。

DMMmobileの契約前にクレジットカードや身分証明書を用意しよう

なお、データSIMの購入では身分証明書は不要です。

 

最後に必要になるのはMNP予約番号です。

MNP予約番号の発行は電話番号を引き継ぐのに必須ですが、発行すると現在使っている電話番号は使えなくなります。

白猫さん
MNPは乗り換え…つまり解約して他の会社と契約するわけだから、電話番号は使えなくなるわ。

 

全ての準備が終わり「今から乗り換えをするぞ!」という段階ではじめて必要になるので、最後の最後に行う作業です。

ドコモからDMMmobileへMNPする手順を解説

auからDMMmobileへMNPする手順を解説

MNP予約番号の発行自体は、電話一本、もしくはインターネットからの操作で20分かからず終わります。

ただし、MNP番号自体には有効期限があるので、発行してからは迅速に行動しましょう。有効期限が切れるとMNPができなくなってしまいます。

契約前にキャンペーン情報を確認!

少しでもお得に乗り換えをするため、キャンペーンが行なわれていないかをチェックしましょう。

正直なところ、DMMmobileはキャンペーンはかなり渋めです。逆にいうとキャンペーンが実施中ならベストタイミングです。

「ASUS端末3000円割引キャンペーン」台数限定で下記対象端末を3000円引きでご購入いただけます。
ZenFone 4 Max(ZC520KL) 24800円→21800円
ZenFone 4 56800円→53800円
DMMmobileの公式ページはこちら

上記のリンクからDMMmobileにジャンプし、キャンペーンページ下部の新規お申し込みをクリックします。

以降は申し込み手順を進めるだけです。

DMMmobileの申し込み手順

お申し込みのページで契約したいプランを選びます。

  • シングルコース(SIMカードのみ購入)
  • シングルコース(端末とSIMカードをセット購入)
  • シェアコース(SIMカード2枚)
  • シェアコース(SIMカード3枚)

といくつか選択肢があるので、用途に合わせて選びましょう。

ちなみに、シェアコースで家族まるごとMNPするときは注意が必要です。DMMmobileでは複数のSIMカードを一度にMNPすることはできません。

この場合、まず1枚目のSIMカードが送られてきます。MNPの手続き完了後、2・3枚目のSIMカードが送られてくるため、時間差があることを覚えておきましょう。

黒猫さん
今回はお試しでデータSIMを契約します。

 

DMMmobileの利用には会員登録が必須です。

既に会員登録を終えているなら「DMM会員の方」からログインしましょう。なければ「初めてDMMをご利用の方」を選択してアカウントを作成します。

ご利用プランの選択で、使いたい容量を選択します。

黒猫さん
とりあえず今回は1GBプランを契約してみます。

 

ページを下にスクロールしてSIMカードのサイズを選びます。

SIMカードのサイズは適切なものを選びましょう。スマホセットなら、選んだスマホで使えるSIMカードのサイズが選択されています。

手持ちのスマホを使い続ける場合は、自分でカードサイズを選択しましょう。

白猫さん
nanoSIMがオススメね。家電量販店で別売りのアダプターを買う必要があるけど、一番小さいサイズのSIMカードだからどんなスマホにも使えるわよ。

 

SMSの有無は基本的にSMSありをオススメします。アプリ認証とセルスタンバイ問題が手っ取り早く解決できるためです。

アプリ認証は、本人確認のためフェイスブックやLINEといった一般的なアプリでも採用されており、SMSが使えないとアプリが認証できないことがあります。

セルスタンバイ問題は、データ通信のSIMカードを使うとき、電話機能がないのに基地局を探し続けてしまう不具合です。常に通信を行うため、バッテリーの消耗が激しくなります。

電池の減りが異常に早いときは?セルスタンバイ問題対策にSMSをつけよう

SMSありはなしより毎月150円高くなるのが難点ですが、問題が発生してからSIMカードを再発行するより、最初からSMSありにしたほうが安く済みます。

なお、音声通話SIMはそのままSMSが使えるため、考慮は不要です。

 

次に、ページを下にスクロールして、セキュリティソフトの有無を選びます。

白猫さん
利用するかは個人の自由だけど・・・・・・私はフリーのセキュリティソフトを使っているから付けてないわ。
黒猫さん
今回はなしにしときます。

 

ページを下にスクロールして、オプションを選びます。

デフォルトではオプションにチェックが入っています。不要ならチェックを外します。

白猫さん
必ず使うオプション以外は思い切って外したほうがいいわよ。
黒猫さん
iPhoneは高価だから「繋がる端末保証」だけ加入しておきます。

 

ページを下にスクロールすると、最後に料金が表示されます。

表示されるのは初月分の料金なので、初月無料のオプション分が翌月からは加算される点に注意してください。

確認したらお客様情報登録に進むをクリックします。

白猫さん
初月は633円だけど、つながる端末保証は申し込み翌月から有料になるから月額1133円になるわ。

 

お客様情報登録のページでは、選択したプランと名前や配送先住所を入力します。

入力が完了したら、一番下のお申し込み内容を確認するをクリックします。

完了するとお客様情報登録で入力したメールアドレスに、案内メールが届きます。

案内メールにはクレジットカード情報を登録するページが載っています。支払いに必要なので登録しましょう。

白猫さん
5分待っても届かなかったら、メールが迷惑メールに振り分けられてるかもしれないから確認してね。

 

データSIMの申し込みはこれで完了です。

スマホセットや音声通話SIMを契約する場合は、最後に本人確認の書類を送ります。FAXかカメラで撮影した運転免許証の画像をアップロードしましょう。

審査が通れば5日ほどでSIMカードが到着します。公式ページでは5日以内にとされていますが、3日ほどで届くことが多いようです。

黒猫さん
いやぁ、3日後が楽しみだなぁ

 

~3日後~

黒猫さん
はやっ!本当に3日で届きましたよ!
白猫さん
金曜日に頼んで月曜の朝に届いたわね。これなら会社で携帯を使ってるという人もギリギリ大丈夫じゃないかしら?

おわりに

  • クレジットカードは必須
  • 身分証明書を用意しよう
  • MNP予約番号は最後に取得する
  • キャンペーン情報を必ずチェックしよう
  • 3営業日ほどでSIMカードは到着

必要なものを揃えるのにはまとまった時間が入りますが、どれも特別なものでなく既に持っている人が多いはずです。

準備完了の状態なら20分もあれば終わる簡単な作業です。意気込まずに気軽に申しこみましょう。

「ASUS端末3000円割引キャンペーン」台数限定で下記対象端末を3000円引きでご購入いただけます。
ZenFone 4 Max(ZC520KL) 24800円→21800円
ZenFone 4 56800円→53800円
DMMmobileの公式ページはこちら

猫でもわかるDMMmobileのHOMEへ戻る

スポンサーリンク
スポンサーリンク

“DMMmobileを実際に新規契約した手順をまとめました” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です